A.C.O.のカルチャーとノウハウを伝えるオウンドメディア

気に入ったらいいね!してね

A.C.O.のカルチャーとノウハウを伝えるオウンドメディア

個人の生産性効率化のためのA.C.O.式ワークスタイル変革の流れ

THINKING

個人の生産性効率化のためのA.C.O.式ワークスタイル変革の流れ
YASUDA

YASUDA

YASUDA

YASUDA

 

生産性効率化に向けたワークスタイル変革の取り組み・効果を約8年前から振り返る

こんにちは、編集長のヤスダです。国を含め、色々な企業でワークスタイルを変革させようという動き流行っていますね。一般的にワークスタイル変革とは、人口減少、ダイバーシティ推進、ビジネスのグローバル化に伴う「生産性向上」、「顧客価値最大化」、「イノベーション」などを目的とした仕組みづくりのことを指すそうです。

企業ごと、ワークスタイルを変える目的はさまざま。A.C.O.は、グローバルコミュニケーション戦略を考える中で、日本企業と欧米企業のビジネスにおけるスピードの差に大きな危機感を持っていました。そこから、「ワークスタイル改革=デジタルツールや時間管理方法の改革」が必要と考え、トライアンドエラーに注力してきました。(単純に、CEOの倉島が飽き性で新しいことを色々やってみたいという性分もありますが。笑)

ワークスタイルサマリー

それでは、A.C.O.が実施してきた生産性効率化に向けたワークスタイル変革の各取り組み・効果を約8年前から振り返ってみたいと思います。

2008-

Laptops for Everyone
デスクに縛られず

ラップトップ

まだPCの性能が悪い当時、デザイン業務をラップトップマシンで行うのは非効率でしたが、「デザイナーはもっとコミュニケーションをしながら創るべき」という取締役でデザイン責任者のジェイムズの主張もあり、全員がラップトップに切り替えました。いまでは、ラップトップメインをメインにしたおかげで後述のペアワーキングに発展しています。

2010-

SUICA In & Out
時間管理のデジタル化でコスト削減

スラック
Slack(スラック)で出退勤を管理しています

オフィスの入り口に非接触ICカードリーダを取り付け、Suicaをかざして出退勤できるシステムを導入。2015年からはSlackでの出退勤に移行し、オフィスに来なくても外出先や自宅でも出退勤、有給申請ができるようになりました。

2011-

Remote Working
場所によらず仕事ができ、移動時間を圧縮

ロンドンでのリモートワーキング
ロンドンでのリモートワーキングの様子

金曜日はオフィスに出社する必要がなく、各自好きな場所でリモートワークを行う日。2011年3月に起きた東日本大震災をきっかけに、場所に依存せずに仕事をする必要性を感じて実施。現在まで継続している仕組みです。

2011-

Pit-in
集中してキャリアの見直しや勉強・休養が可能に

Pit-in

3ヶ月毎に全社員が強制的に4日間休養を取る制度。WEB制作会社という仕事柄、あまり休みを取ろうとしないメンバーがいるため(まあ、僕もその1人)実施。きっちりと休養を取って自分自身を見直したり、社内ワークショップを行い普段関わらないメンバーとのコミュニケーションを取りチームワークの強化を行ったりしています。

2011-

Chat
確認や判断までの時間が短縮

リモート
リモートでの効率化を常に図っています

チャットツールの導入(Skype→Chatwork→Slack)。CEOの倉島が無駄なコミュニケーションが嫌い(特に、メールの冒頭の「お世話になります」を毎回打つのが嫌い)というのがきっかけで始まりました。ちなみに最近の会議体は、移動コストの削減のため、リモート会議(Skype/Hangout/GoToMeeting)が主になっています。可能な場合は、プレゼンテーションもリモートで行っています。

朝5時、ロンドンからの効率的なリモートプレゼンテーション方法

2014-

Standing Table
作業効率化や会議時間の短縮

スタンディングテーブル
スタンディングテーブルでの仕事風景

作業や会議をカジュアルにできるように、オフィス内にスタンディングテーブルを設置。安定した疲労感が得られるため会議の集中力の増加(早く終わらせたくなる。笑)や姿勢の矯正に効果があります。

2014-

Side Business
人脈や経験が拡大

副業(サイドビジネス)OK制度。もちろん、主業務に影響のない範囲で。A.C.O.の業務内でやらないような業務を行うことで、個々のスキルの強化につながり、キャリアパスへの新しい可能性が広がります。

2015-

Creative Free Address
プロジェクトごとに最適な配置で仕事が可能に

一般的にはフリーアドレス制と言われ、オフィスデザインの世界では10年以上前から流行っていた制度。A.C.O.ではデザイン制作でも活用できるよう、各デスクにモニターとケーブルを付け、ショルダーハックされない(背後を取られない)ようにオフィス設計するようにカスタマイズしています。

2017/01-

Pair Working
作業効率とクリエイティブの品質が向上

1台のデスクに作業者とナビゲーターが2人が並び、外付けディスプレイに映し出された作業画面をみながらコメントやディレクションを行い、2人1組でクリエイティブ品質を上げていく作業(状況によっては3人の場合もあり)。

一人作業時間をカイゼンしてみませんか?二人一組で質を上げるペア・ワーキングのすすめ

ペアワーキング
二人で1つの画面を共有できればいいので、Skypeなどの画面共有をつかった在宅ワークでも同じ環境をつくることができます
2017/01-

Double Job Title
キャリアパスの具体化

名刺に今と将来なりたいポジション(肩書)を合わせて2つ以上明記。将来のキャリアパスを常に意識しながら、今の自分となりたい自分を比較できます。

小山 和之の名刺
今:プロジェクトマネージャー、未来:エディトリアルディレクター

削減された空いた時間で何をするか?

このようなワークスタイル改革は、セキュリティ(個人情報などを含む)の取り扱いを主業務としないビジネスモデルだからこそできることでもあります。 もちろん、クライアント様の情報が外部に漏れないようにセキュリティ面でのガバナンスは整備している前提ですが、私達はより良いクリエイティブを生み出すことがミッションです。

デジタルツールや時間管理方法の改革で削減された時間をより良いクリエイティブを生み出すための思考時間へ転換していきたいと考えています。 次回は、各取り組みをもっと深掘りしていきたいと思います。

参考

WRITER

yasuda

安田 翼

TSUBASA YASUDA
MANAGER / PRODUCER / WEB ANALYST

A.C.O. Journal編集長。電気通信大学人間コミュニケーション学科卒業。制作会社勤務、フリーランスを経て、現在に至る。企画、プロジェクトマネジメント、アクセス解析担当。グロース・マネジメント部マネージャー。

YASUDA'S POSTS

A.C.O. JOURNAL by A.C.O. Inc.

A.C.O. のカルチャーとノウハウを伝えるオウンドメディア

A.C.O. Journal

気に入ったら
いいねしてね!

Facebook で A.C.O. の最新情報を配信中です!

A.C.O. パートナーカモン!

BACK TO HOME