A.C.O. Inc.

DESIGN CONSULTING FIRM 東京

About

Love is the goal

好きを、ふやそう。

デジタルテクノロジーは、「究極の合理性」を教えてくれました。 これから先も、テクノロジーは世界を変えていくことでしょう。

けれど、世界中の情報にアクセスでき、世界中の人が繋がっても、心の問題や社会の問題が減ったようにはみえません。

人間は、感情で行動する生き物だからです。

今まさに、合理性と感情の関係の見直しを求められる時代になりつつあります。 合理性を超えて、好き、と言える機会を増やし、より良い世界を創ることができるのは、やはり人間自身です。

わたしたちは、テクノロジーと人間の最適な関係を増やす挑戦を続けます。

Think, research, make, nurture

私たちが大切にする4つのこと

深く広く、とにかく考える

解らない、判らない、分らない? 何が、わからないのか考える。 その答えが、何をもたらすのかを。 そんなあたり前のことを、あたり前にやってみる。 そのことで、なぜやるの? をみつけていく。

調べるを追求し、可能性を広げる

わからないを、わかったに。だから調べてみる。 どんな情報が必要で、どんな調べ方が最適か。 調べることで、新しい発見や迷いが生まれてくる。 もっともっと、ほかにないか、を調べてみる。 そのことで、どうやるのか? をみつけていく。

生活のなかに、新しい体験を創る

考えて調べたことを、実現のため進めてみる。 どんな表現で、どんな意味をもって? だれのために、どんな価値があるの? 本当の実現を目指し、実現をくり返してみる。 そのことで、なにをすべきか? をみつけていく。

成長を続けるため、また向き合う

アイデアが形になったら、みつめ直してみる。 どんな反応があり、なにが足りなかった? いま必要なこと、これからやるべきことを。 実現することは、成長するための出発点。 だからこそ、また考え、調べ、実現し、育てていく。

Leadership

Yoichi Kurashima

倉島 陽一・代表取締役社長

20代で設計事務所を設立。代表取締役退任後、A.C.O.創業と同時に入社し、2002年同社代表取締役に就任。デザイン・コンサルティングの経験を経て、2018年にグローバルに展開するモンスターラボグループに参画以降も、グループのデザイン専門チームとしてA.C.O.の指揮をとる。東京芸術大学美術学部建築学科卒。

関連記事

Hiroshi Osada

長田 寛司・代表取締役

2012年にモンスターラボに入社。企画営業職を経て、POとしてプロジェクトマネジメントを経験。消費者向けアプリケーションとしては異例の4億円プロジェクトを成功に導くなど実績多数。2016年執行役員、2021年Executive Vice President Managing Director(APAC管轄責任)に就任。同年7月1日A.C.O.代表取締役に就任。また、グループ会社である株式会社モンスターラボと株式会社Monstarlab BXの代表取締役社長を兼務。早稲田大学教育学部卒。

  • Yusuke Mitsuo

    満尾 有亮・取締役

    デザイナーとして都内デザイン会社にて、商品パッケージやWebサイト、モバイルゲームから、ASPサービスの立ち上げに至るまで、様々な領域のデザインに携わった後、フリーランス活動を経て、2008年ACOに参画。 ディレクター・プロジェクトマネージャー・プロデューサーとして数多くのプロジェクトを担当し、国内外の受賞歴をもつ。2012年より取締役に就任。多摩美術大学情報デザイン学科卒。

  • Naoko Okiyama

    沖山 直子・取締役

    デザイン事務所にて広告をはじめとするグラフィック全般に携わる。アイデンティティのデザインから、書籍の装丁、サインのデザイン、展覧会グラフィックのトータルデザインなど幅広く手掛ける。2008年、A.C.O.にアートディレクターとして入社。現在では組織文化を取り込んだ企業やサービスのブランド開発プロジェクトを担当するとともに、A.C.O.のデザイン部門の拡大を牽引。2021年より同社取締役に就任。桑沢デザイン研究所卒。

  • Takashi Momose

    百瀬 崇・取締役

    会計事務所勤務後、米国系大手PCディストリビューター日本拠点にてERPシステムのローカライズ導入、上場準備、為替リスク管理等の業務に従事、その後同社取締役就任、SEO会社取締役、韓国系ゲーム運営会社等を経て2017年株式会社モンスターラボ入社後、A.C.O.の取締役に就任。

  • Sumito Suzuki

    鈴木 澄人・監査役

    大学卒業後、98年に専門商社へ入社。01年より海外営業拠点マネージャーとして、中国華南地区の市場開拓および調達に携わる。2006年豪州Bond UniversityのMBAプログラム修了後、モンスターラボに入社。取締役 音楽サービス事業部統括として店舗向けBGMサービス「モンスターチャンネル」を立ち上げる。2016年A.C.O.の監査役に就任(兼任)。2019年よりモンスターラボ内部監査室および法務担当。

  • James Bowskill

    ジェイムズ ボウスキル・執行役員

    イギリス出身。デザイナーとしての活動を経て2001年に来日。2003年にA.C.O.へ入社後、アートディレクターとして活動し、様々なプロジェクトにおいて国内外の各賞を受賞。2013年〜2016年に、A.C.O.のロンドン拠点を展開。現在は、クリエイティブディレクターとして、デザイン、ブランディング、コミュニケーション戦略を軸に、グローバル企業に対してブランドコミュニケーションのコンサルティングなどを行う。海外展開のための専門部署を立ち上げ、モンスターラボグループ海外拠点とのコラボレーションを推進。グローバルレポートの執筆やセミナーも実施中。

    関連記事

  • Natsu Kawakita

    川北 奈津・執行役員

    メディアアート作品制作・国内外での展示活動、広告制作会社勤務を経て、2008年、A.C.O.にプランナーとして入社、アプリやサービスの情報設計を多く手掛ける。UXデザインと情報設計を強化するため専門チーム、UX/IA部を2017年1月に立ち上げ。サービスの開発やブランド開発プロジェクトのUXデザインプロセスのリードを担当している。静岡大学情報学部卒。情報科学芸術大学院大学(IAMAS) メディア表現研究科修士課程修了。

  • Takuro Tsuyama

    津山 拓郎・執行役員

    飲食店マネージャを勤めた後、音楽の制作、音響エンジニア、データベース管理業務等を経て、アプリ開発ディレクターとして経験を積む。いくつかのアプリがApplestoreランキングで上位を獲得、成果を出すための「仕組み作り・仕掛け作り」に興味を持ち、2013年にモンスターラボに入社。複数のプロジェクトマネージャを務めた後、人間中心設計を学び、現在はデザインディレクターとしてデザインプログラムマネジメントを実践する。HCD-net 認定人間中心設計専門家。認定スクラムプロダクトオーナー。

Overview

社名
株式会社A.C.O.
設立年月日
2000年12月
資本金
10,000,000円
代表取締役
倉島 陽一
所在地
〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアタワー 6F(4F受付)   Google Maps
主要取引先
リクルート / サンスター / オリックス / ANA Cargo / リコー / イトーキ / JCB / ラック / AGC / マクロミル / パソナ / 大日本印刷 / ソニーネットワークコミュニケーションズ / 日本科学未来館 / エムスリー / 小田急エージェンシー / 博報堂
  • Get the latest insights

    UXやデザインのトピックからグローバルレポートまで、最新の情報をお届けします

    月1–2回ぐらいで届けます。いつでもキャンセルできます。Privacy Policyをご覧ください

  • Connect

    お悩みのことがあれば、お気軽にご相談ください。

    Contact