A.C.O. Inc.

DESIGN CONSULTING FIRM 東京

Share

A.C.O. ジャーナル

ACO図書室

初夏のムシムシを読書で乗り越えよう 編

1 suki 15 suki

A.C.O.メンバーが選ぶ、この夏おすすめの1冊

こんにちは、デザイナーの岩田です。あっという間に6月になり、夏も目前です。暑い日は闇雲に外出するよりも、アイスコーヒーを飲みながら読書をするのもいいですよね。今日はそんなちょっぴり夏が苦手なA.C.O.メンバーが、仕事に役に立ったと思うおすすめの本を紹介したいと思います。小さめの本が多いので通勤中の30分読書にもぴったりだと思いますよ。

POPS

デザイナー 小林拓也の一冊

『POTS』(著)JONAS WOOD

ニューヨークにいった際、友人に勧められたアーティストの作品集です。最終的には、赤と水色の二色でデザインされた表紙のインパクトに負けて購入しました。本の中に収められている作品の数々は、鮮やかな色を使って描かれているものが多いので、デザイナーの方は配色やバランス感覚など見て学べる部分が多いと思います。アートに知見がない人も、少しブサイクで可愛いキャラクターたちが作り出すWOODの世界観を楽しめます。

『投資家が「お金」よりも大切にしていること』

デザイナー藤川裕介の一冊

『投資家が「お金」よりも大切にしていること』(著)藤野 英人

投資家として、20年以上「お金」と向き合ってきた著者の「お金の本質とは何か」という問いへの結論がまとめられた一冊。 投資や経済への間違った認識が生き方、働き方にどれほど影響を与えるか。まで書かれているので、「お金」を中心に自分の見識が広がっていくのを感じながら読み進めることができます。

イシューからはじめよーー知的生産の「シンプルな本質」

デザイナー益田絢子の一冊

『イシューからはじめよーー知的生産の「シンプルな本質」』(著)安宅 和人

普段私たちは目の前にある問題に対して、どう解決するべきなのか方法を模索しがちですが、本書はまず本当に価値のある問題に取り組めと言っています。体系的かつ実践的で丁寧に説明されており、その説得力は脳科学*外資系コンサルティングを経た著者ならでは。職種を問わず、働いている人すべてにオススメできる一冊です。


サマる技術

デザイナー岩田紗季の一冊

『サマる技術』(著)船登 惟希

その本どうだった?と聞かれた時に、うまく答えられないことってないですか?この本は、読書で得た知識を記憶して、さらに実際に活用できるようになる方法を教えてくれる面白い本です。「サマる」はこの本において「文章を要約する」ことですが、ただの読書法を説く本と違って、すべてが科学的根拠に基づいて書かれています。

人間にとって内容を記憶しやすい情報整理の仕方や、最初に読むべき本の探し方なども書かれているので、漠然と本を読んでいる人や、読書体験を改善したい人にお勧めです。

入門 考える技術・書く技術 〜日本人のロジカルシンキング実践法〜

IA(インフォメーションアーキテクト)長谷川大輔の一冊

『入門 考える技術・書く技術 〜日本人のロジカルシンキング実践法〜』 (著)山崎 康司

この本はいわゆるロジカルシンキングについての本ですが、とりわけプレゼンやメールといった日々の業務において、正しく考えて正しく相手に伝える方法を学ぶことができます。そもそもロジカルシンキングにおいてはピラミッド原則が超重要なのですが、実は日本の言語性質や文カルチャーがピラミッド原則で考えるための足枷になっている。

なのでこの本では日本人がピラミッド原則を使いこなすためのポイントについて丁寧に説明しています。 自分はもともとロジカルシンキングが弱かったためにこの本を読んだのですが、日々の思考プロセスとアウトプットが自覚できるくらい変わりました。何かを考えてアウトプットする時には絶対に役立つ内容なので、全てのビジネスパーソンにオススメしたい一冊です。

入門 考える技術・書く技術 〜日本人のロジカルシンキング実践法〜

デザイナー石井宏樹の一冊

『PIXAR<ピクサー>世界一のアニメーション企業の今まで語られなかったお金の話』 (著)ローレンス・レビー(翻訳)井上耕二

ある日著者はスティーブ・ジョブズからの電話を受け、ピクサーという聞いたこともない会社に誘われます。その頃のピクサーはジョブズが出資した5000万ドルを使い果たしたにもかかわらずほとんど利益が出ていませんでした。この本ではトイストーリー1の制作から、ピクサーが60億ドルもの時価総額を叩き出しディズニーに買収されるところまでが語られています。

ピクサーについてクリエイティブ面に注目した本は沢山出ていますが、会社経営の側面を知ったことでピクサー映画がより一層楽しめそうです。ちなみに、厳しいトップダウンで知られるスティーブ・ジョブズの対話的な一面が見られるのもこの本のポイント。AppleからiTunesやApp Storeといったコンテンツプラットフォームが生まれた前日談としても楽しめます。

蒸し暑い初夏。読書をしながら涼むのはいかが?

今回はかなり実務的な本の紹介になりました。雨で鬱鬱とした空気でも、A.C.O.のメンバーは着々と仕事に役立つインプットを探しているようです。みなさんも湿度や気圧で苦しいですが、良書との出会いで気分が晴れやかになるといいですね。

お悩みや課題など、
お気軽にお問合わせください。

案件のご相談

A.C.O.で一緒に働きませんか。

  • 未経験可
  • デザイナー
  • ディレクター

募集内容をみる

by Saki Iwata

武蔵野美術大学基礎デザイン学科卒業。制作会社にてランディングサイトやコーポレートサイトなどのデザインを経て現在に至る。デザイン担当。デザイン部所属。

View articles

  • Share this article:
  • Get the latest insights

    UXやデザインのトピックからグローバルレポートまで、最新の情報をお届けします

    月1–2回ぐらいで届けます。いつでもキャンセルできます。Privacy Policyをご覧ください

  • Connect

    お悩みのことがあれば、お気軽にご相談ください。

    Contact