A.C.O.のカルチャーとノウハウを伝えるオウンドメディア

気に入ったらいいね!してね

A.C.O.のカルチャーとノウハウを伝えるオウンドメディア

最新テクノロジーを感じるワクトキ系テック動画・映画 〜オンラインですぐ見れる〜

CULTURE

最新テクノロジーを感じるワクトキ系テック動画・映画 〜オンラインですぐ見れる〜
A.C.O. 編集部

A.C.O. 編集部

A.C.O. 編集部

A.C.O. 編集部

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

ワクトキしてる?

近年の技術の発達には驚かされるものがあります。個人的には iPhone8/X の非接触式の充電機を見て、あの頃の未来が来てるんだなぁと感慨深い気持ちにさせられました。

特にここ数年AIやロボテクスは盛り上がっていますが、常に最先端を探求する私達の業界でも、チャットボットを始めとするAIなどのテクノロジーを取り入れたサービス開発などが身近なのものになってきているのではないでしょうか。

仕事の話は別にして、オンラインで楽しんで見られる AI、ロボット、テクノロジー全般のテック系オススメ動画をA.C.O. メンバーがご紹介します。

ワクトキ系テック動画・映画 #1

ブラックミラー(ドラマ/Netflix)

xxxxx

クリエイティブディレクターの James です。イギリスのライター、チャーリー・ブルッカーによる素晴らしいドラマシリーズ。それぞれのエピソードはインターネットとテクノロジーがどのように私達の生活を変えているかを探求する単独のストーリー。ときに恐ろしく、ときに可笑しく、いつも考えさせられる内容だよ。マスト・ウォッチ!(James)

ブラックミラー(ドラマ/Netflix)

Amazing TV drama series by British writer Charlie Brooker. Each episode is a standalone story exploring how the internet and technology is changing our lives. It’s sometimes terrifying, sometimes funny, always thought provoking. Must watch! Available on Netflix.

ワクトキ系テック動画・映画 #2

ウエストワールド(映画/Hulu)

ウエストワールド

UXデザイナーの林です。1973年の同名の映画をジョナサン・ノーランとリサ・ジョイがリメイク。第69回のエミー賞 ドラマ部門で最多22部門にノミネートされていることからも人気のほどが伺えます。

舞台は、西部開拓時代をモチーフに作られた広大なテーマパーク。そこでは人間と見分けがつかないくらいにリアルなアンドロイド“ホスト”たちが、 日々綿密に練られたシナリオに沿って生活し、リアルな西部時代の世界を生み出しています。訪れる人間は高額な入場料を支払い、様々な方法でその世界を楽しみます。しかし、毎日が同じストーリーでループするこの世界に、違和感を持ったホストが現れ、徐々に世界の歯車が噛み合わなくなっていきます。

オープニングで、筋繊維が一本一本3Dプリントされていくあたりが、中身がロボットではなく、人間に近いことを示しています。生きようともがくアンドロイド、そのアンドロイドを残忍な方法で殺す人間。人と区別がつかなくなったときに、その二つを分けるものは何なのだろう?本作を観ると人間性とは何かを考えてしまいます。(林)

ウエストワールド(映画/Hulu)

ワクトキ系テック動画・映画 #3

banking of bitcoin(Netflix/ドラマ)

banking of bitcoin

編集者の小山です。ここ最近特に注目を集めている仮想通貨。その中でも一番流通量の多いビットコインの歴史をドキュメンタリー形式で紐解いている作品です。

どのように開発されたのかと言ったところはもちろん、どのような思想が裏側にはあるのか。加えて従来の通貨を扱う金融街の人々との対立であったり、法規制の難易度の高さなど、現在のフェーズに至るまでの経緯を一通りさらうことができます。

個人的にはこれで歴史を学んだ上で、Coincheck COOの大塚さんの著書『いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン』を読むと具体的な技術面などを理解することもできるのでオススメ。

単純な投機対象や金融商品的にに見られがちなビットコインですが、その裏側にある思想をしるとちょっと見方が変わりますよ。(小山)

banking of bitcoin(Netflix/ドラマ)

ワクトキ系テック動画・映画 #4

エクスマキナ(映画/Amazon Prime ビデオ)

エクスマキナ

デザイナーの辻之内です。「スターフォーズ フォースの覚醒」や「マッドマックス 怒りのデス・ロード」を押し退けて、第88回アカデミー賞視覚効果賞に輝いた人間と人工知能の駆け引きを描くSFスリラーです。

世界最大の検索エンジンを運営するIT企業のプログラマーとして働くグレイブは、滅多に姿を見せない社長のネイサンの別荘に1週間滞在することになる。ネイサンが創ったAI搭載の女性型ロボット「エヴァ」の人工知能が「人間性」を持っているかのテストに協力することになる。。。

人工知能と人間の境界線はどこか?人間と機械の間で揺れ動く微妙さがすごく面白く、この映画の世界に引き込まれるみどころ!!!(辻之内)

エクスマキナ(映画/Amazon Prime ビデオ)

ワクトキ系テック動画・映画 #5

サイコパス(アニメ/Hulu)

サイコパス

人間の心理状態や性格的傾向などがすべて計測され数値化されるようになった未来社会。人々の感情や欲望などはすべて記録され、犯罪者は罪に関する数値“犯罪係数”により裁かれる。近未来の管理社会を舞台に、公安局刑事課に所属する執行官の活躍を描く。

刑事ドラマ x SF 両方の面で楽しめる。最大多数の最大幸福が実現した社会を舞台に、哲学的な示唆に富む内容が織り交ぜられていて、時にハラハラ、ドキドキするし、時にすごく考えさせらるそんな作品です!かなりオススメです。(辻之内)

サイコパス(アニメ/Hulu)

ワクトキ系テック動画・映画 #6

アンドリューNDR114(映画/Amazon ビデオ)

アンドリューNDR114

プロジェクトマネージャーの須田です。アイザック・アシモフ原作、1999年公開の映画。ある一家の元にやってきた家政婦アンドロイド、アンドリュー。彼は主人から様々なことを教わり、また自ら人類の歴史を学ぶうちに”自由”に憧れるようになり…。

人とロボットが共生する社会とその設定、ロボット=不死が前提の時の移ろいが印象深かった作品です。「システムエラー:感情、侵入したウイルス:恋」当時のポスターにあったこのキャッチコピーが忘れられません。(須田)

アンドリューNDR114(映画/Amazon ビデオ)

ワクトキ系テック動画・映画 #7

ミッション:インポッシブル/ ローグネイション(映画/Amazon ビデオ)

Mission: Impossible – Rogue Nation

おなじみ、トム・クルーズが大暴れするスパイアクション映画。 劇中に登場するスパイ道具に、男心をくすぐられてワクワクが止まりません。 SFのような超未来ではなく、あと少しで実現できそうな一歩先の未来を予感させてくれます。もしかしたら、既に実現しているかも?(須田)

ミッション:インポッシブル/ ローグネイション(映画/Amazon ビデオ)

ワクトキ系テック動画・映画 #8

ヒューマンズ(ドラマ/Hulu)

ヒューマンズ

デザイナーの増田です。ヒト型ロボットのお手伝いアンドロイド「シンス」が各家庭に1台の時代が来た。ロボット三原則を守りつつ人間に都合の良いように扱われるロボット達。散々こき使われたり冷たくされたり、ロボット同士で決闘させられたり、あげくスクラップとして捨てられる。そんな中、自我を持って行動するようにプログラムされたシンスが見つかった…。

古典的な「ロボット(AI)が自我をもったらどうなるか」の物語ですが、実際にアンドロイドが普及するとどうなるか、より現代に即したリアルな演出がされている点が見どころです。 家事・育児の役回りを奪われて孤立する母親、アンドロイドに依存したり浮気する夫婦達…など特にお手伝いロボットが家に来ときの各家庭内での人間模様はリアルです。(増田)

ヒューマンズ(ドラマ/Hulu)

ワクトキ系テック動画・映画 #9

Boston Dynamics YouTube チャンネル(動画/YouTube)

カッコいいロボット動画でおなじみの Boston Dynamics社 のオフィシャルチャンネルです。疲れたとき無心で眺めて下さいね、きっと癒やされます…。

個人的に一番好きなのはこちらのチーターロボットです。後半狂気を感じるほどの猛スピードで走るロボットを見ていると、未知の新しいテクノロジーへの期待と畏怖が入り混じった不思議な気持ちにさせられます。

Boston Dynamics社は米のロボット開発会社です。Google社に買収されたあとは、2017年6月にソフトバンクグループが買収することを発表しています。ロボット犬 Spot が実験のため蹴られるシーンが、ロボットの人権(犬権?)について物議を醸し話題になりました。(増田)

Boston Dynamics YouTube チャンネル(動画/YouTube)

Cheetah Robot runs 28.3 mph; a bit faster than Usain Bolt

最新テクノロジーを感じるワクトキ系テック動画・映画 〜オンラインですぐ見れる〜

いかがでしたか?ご自分の加入されているサービスで気になるものがあれば、息抜きにぜひ見てみて下さいね。

  • ジェイムズ・ノウスキル | JAMES BOWSKILL

    ジェイムズ・ノウスキル | JAMES BOWSKILL

    クリエイティブディレクター。Netflixに入っています、今はBlack Mirror Season 4見てます。

  • 辻之内 孝信

    辻之内 孝信 | TAKANOBU TSUJINOUCHI

    デザイン担当。オタクほどではないですが、SF、アクション、ヒューマン系、アニメが好きです。最近では「ウォーキングデッド」「ブラックミラー」「鋼の錬金術師」をよく観てます。気分よって、プライム〜Hulu〜Netflix〜を観てます。

  • 林

    林 俊一 | SHUNICHI HAYASHI

    UXデザイナー。UXデザイン担当。Huluに加入中。X-Fileが見たくて入っていたけど、いつの間にか配信停止になっていた…。他サービスの使い勝手も気になるので乗り換え検討中。内容としてはMarvel映画とDiscovery Channelみたいなドキュメンタリーが見れればいい感じ。

  • 小山 和之 | KAZUYUKI KOYAMA

    小山 和之 | KAZUYUKI KOYAMA

    編集者。一昔前はテックライターとして、情報収集や、レビュー用にテック系の映画や映像作品を良く目にしていましたが、最近はアニメしか見ていません。

  • 須田 亘

    須田 亘 | WATARU SUDA

    PM担当。宝石の国が終わってしまってとても悲しいです。

  • 増田 優子

    増田 優子 | YUKO MASUDA

    デザイン担当。SFとサスペンスのおたく。Huluでおすすめのサスペンス映画は「アイデンティティ(2003)」ドラマでは「ナイト・オブ・キリング ー失われた記憶ー(2016)」をおすすめします。プライム〜Hulu〜Netflix〜YouTube〜Abema TV と巡回するのが楽しみなのですが、廃人化が進みすぎたので一つ退会しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
A.C.O. パートナーカモン!

WRITER

A.C.O. 編集部

A.C.O. Journal 編集部


A.C.O. Journal 編集部です。色々頑張ります!

A.C.O. 編集部'S POSTS

A.C.O. JOURNAL by A.C.O. Inc.

A.C.O. のカルチャーとノウハウを伝えるオウンドメディア

A.C.O. Journal

気に入ったら
いいねしてね!

Facebook で A.C.O. の最新情報を配信中です!

BACK TO HOME