A.C.O.のデザインナレッジカルチャーを伝えるオウンドメディア

Share

A.C.O.のデザインナレッジカルチャーを伝えるオウンドメディア

デザイナーが会議で使える英単語 Vol.2

1 suki 3 suki

会議の中から使える英単語・フレーズをピックアップ

こんにちは、デザイナーの小林です。このシリーズでは、デザイナーの私が海外案件を通して学んだ実戦的な英単語・フレーズを紹介していきます。英単語帳だけでは満足できない、生きた英語が学べないと嘆いているデザイナーの皆さんはぜひ、ご覧ください!

Vol.1ではクライアントミーティングを意識した英単語をピックアップしましたが、今回はチームメンバーと会話するときに使える5つのフレーズをご紹介します。

1.In support of (イディオム) 賛成する、支持する。

クライアントやチームメンバーなど、誰かが発した重要なキーワードやアイディアを生かしてプロジェクトを進めるときに使えます。その他、マネージャーとしてチームメンバーの意見に賛同する場合も使えるフレーズです。

E.g. We are in support of his idea to change the style of the project.

プロジェクトのやり方を変えるという彼の考えに賛成です。

E.g. You know I’m always in support of you becoming a specialist UI designer.

あなたがUIデザイナーのスペシャリストになることを応援しています。

2.Give some background into(イディオム) 背景を伝える。

途中からプロジェクトに参画する場合や、マーケティングやセールスなど他部署から情報を引き出したい時に使えます。展開の早い案件こそ、この英単語フレーズを使って丁寧に進めたいものですね。

E.g. Can you give me some background into why green was selected as a primary colour instead of a secondary colour.

緑色がセカンダリーではなくプライマリーカラーに選ばれた背景(理由)を教えてください。

3.Consistency (名詞) 統一性。

この英単語は、デザイナーの方に重宝していただきたいです。コンポーネント整理やブランディングに携わる時に多用できると思います。

E.g. Creating consistency in our brand identity will make it easier for customers to recognize us.

ブランド・アイデンティティに一貫性を持たせることで、エンドユーザーが当社を認識しやすくなります。

4.Inside out (副詞) 十分に。

ステークホルダー/ユーザーインタビュー、競合・市場調査を経てクライアントのビジネスやユーザーニーズを知り尽くした後に時々使えます。もちろん、完璧な状態などないですが、この単語を使ってチームをリードできるとプロジェクトも良い方向に向かうので、ぜひ使ってみてください。

E.g. She has worked with this client for 3 years, so she knows their needs inside out.

彼女はクライアントと3年間仕事をしているので、彼らのニーズを熟知しています。

5.Slap together(イディオム) ざっくり作成する。

考えすぎてアイディアが詰まってしまったときや、とにかく何か作って・壊してを繰り返してみようとしたときに使える英単語フレーズです。デザインシンキング思考と相性が良いフレーズかもしれません。リソースと相談して、軽い気持ちで使ってみましょう。

E.g. Don’t worry about it, just slap some ideas together and we will organise it later.

心配せずにとりあえずいくつかのアイデアをまとめて、アウトプットして後で変更を加えていきましょう。

グループ会社を含めると、世界15ヶ国26拠点オフィスを構えるモンスター・ラボグループに加わってから、海外のメンバーと仕事をする案件も増えてきました。A.C.O.でも、クリエイティブディレクターのJamesを中心にグローバル・クリエイティブチームが作られるなど、国外へ向けたサービス提供の準備も始まっています。

また、 A.C.O.ではグローバルポッドキャスト「Dokodemo Design Podcast」を開始予定です。日本に住む多様なバックグラウンドを持つ海外デザイナーにインタビューしていきますので、こちらも是非、お楽しみに!

このような環境を生かして、今後も会議の中で使える生きた英会話を紹介していきます。

記事を読んで興味を持った方は、ぜひWantedlyよりご応募お待ちしています。

A.C.O.で一緒に働きませんか。

  • 未経験可
  • デザイナー
  • ディレクター

募集内容をみる

UI/UXデザインに関するご相談や、
案件のご依頼はこちら

お問い合わせ

by Takuya Kobayashi

法政大学キャリアデザイン学部国際社会学エスノグラフィー専攻。東京デザインプレックス研究所卒業。デザイン担当。デザイン部所属。

View articles

  • Share this article:
  • Get the latest insights

    UXやデザインのトピックからグローバルレポートまで、最新の情報をお届けします

    月1–2回ぐらいで届けます。いつでもキャンセルできます。Privacy Policyをご覧ください

  • Connect

    お悩みのことがあれば、お気軽にご相談ください。

    Contact