A.C.O. Inc.

DESIGN CONSULTING FIRM 東京

Share

A.C.O. ジャーナル

Web Monsters

SNSで情報をシェアするモンスター 「シェア子&シェア男」が現れた!

1 suki 1 suki

面白いものからタメになる記事まで。貴重な情報をシェアしてくれる「シェア子&シェア男」

日々忙殺されるWEB制作者の間で存在が囁かれる「WEBモンスター」を皆様はご存知だろうか。懸命に働く労働者に突如として襲いかかる者もいれば、そっと手を差し伸べてくれるありがたいヤツもいるといわれている。「WEBモンスター」ではそんなモンスターたちの攻略方法を考えるぞ。

シェア子&シェア男

「シェア子&シェア男」

バズレベル:★★★★★★★

気になるコンテンツをみんなのところに届けてくれるシェア子&シェア男。さまざまなSNSに出現しては貴重なコンテンツをシェアしてくれる。また、多くのインフルエンサーと繋がりがあり、拡散力をもっているためシェア子&シェア男に出会えたらコンテンツ制作者からは笑みがこぼれるだろう。ちなみにシェア子とシェア男は付き合っているわけではないがシェアハウスをしているらしいぞ。

おすすめ攻略方法

「共感させろ」
ユーザがどうすればシェアしたくなるのか? シェアすることで、その人と周りの人間にどのようなコミュニケーションが生まれるのかを考えることでその答えは出てくるだろう。コンテンツがシェアされることでサイト自体に被リンクがつき、サイトのSEOが強化される。より多くの人にみられファンを増やすことはサイトの認知拡大や理解向上にもつながるぞ。

おすすめ武器

「Buzzsumo」
SNSでシェアされたコンテンツをキーワードやドメインから調べることができるサービス。チェックできるSNSはFacebook、Linkedin 、Twitter、Pinterest、Google+の5つ(2016年3月時点)。無料版では検索で表示される数に制限があるものの、まずはトライアル版で試してみるのもあり。
Buzzsumo

「Yahoo!リアルタイム検索」
キーワードからFacebookやTwitterの投稿をリアルタイムで検索。特にgoogleでは検索されないFacebookの記事を検索するのに役立つぞ。(※Facebookでは公開設定、Twitterでは非公開に設定されていないツイートが検索できる)。
Yahoo!リアルタイム検索

経験値

シェア子&シェア男は必ずしもいい情報だけをシェアしてくれるとは限らない。時には炎上という形で記事が拡散していくこともある。発信したコンテンツを読んだユーザーが、何を感じ、何を考えるのかは常に考える必要があるだろう。オウンドメディアのコンテンツの場合、特に重要になるぞ。誰にどうしてシェアされたのかを理解することで、共感されるコンテンツの制作力と、情報の動向を分析する注意力が得られる。SNSはインターネット上で築かれたこれからのコミュニケーションの中核だ。Web制作者にとってSNSは仕事のフィールドであると同時に自身もユーザでもあるため、両方の視点を常に持つことが大事だぞ!

お悩みや課題など、
お気軽にお問合わせください。

案件のご相談

A.C.O.で一緒に働きませんか。

  • 未経験可
  • デザイナー
  • ディレクター

募集内容をみる

by Masashi Ikeno

武蔵野美術大学デザイン情報学科卒業。デザイン制作会社にて企業サイトや紙媒体のデザインを経て、現在に至る。アクセス解析、プロジェクトマネジメント担当。コミュニケーション・ストラテジー部所属。

View articles

  • Share this article:
  • Get the latest insights

    UXやデザインのトピックからグローバルレポートまで、最新の情報をお届けします

    月1–2回ぐらいで届けます。いつでもキャンセルできます。Privacy Policyをご覧ください

  • Connect

    お悩みのことがあれば、お気軽にご相談ください。

    Contact